金融車を茨城県で売却するなら在庫車多数の高額買取専門の当店で

logo
24時間対応 高査定 全国対応 電話番号
売却電話番号
金融車の売却と融資について

茨城県の車融資・金融車の売却について

「車のローン残ってるけど売れる?」というお問合せを、よくいただきますが、その回答はもちろん全く問題ございません。「また違法ですか?」などのご質問もよく頂きます。
例えば、Aさんがローンで購入したの高級バッグを質屋に売却したとします。
Bさんは、その高級バッグを質屋で購入したら逮捕されますか??
当然、Aさんにローンの債務は残っていますがBさんにはまったく関係ありません。

もちろんですが、そのローンがBさんに移ることもありませんよね??
同様にローン中の高級バッグを売ったAさんは逮捕されますか??
答えはもちろんNOですよね!

車に関してもまったく同じことで車の場合、車検証の記載項目で「所有者」と「使用者」と二つの記載欄があるので複雑に考えてしまいがちですが、ローン中のブランド品バッグ にも特別な確約書がないだけで「所有者」=「ローン会社」と「使用者」=「ローン中の方」というのは一緒なのです。

つまり自動車の場合、返済責任が前の使用者様にあることを明確に確認できる書類があれば法律上まったく問題ないわけです。
ローン中の車両の売買などに必要な車検証・委任状・譲渡証明書などの書類関係につきましては『ローン中の車の売却について』ページにて詳しく解説しておりますので是非ご覧になってみてください。

当店では、金融車の買取を積極的に行っております。当然ですがローンが完済している通常のお車と違い名義変更ができない為、通常のお車の買取相場と買取相場は下がります。 しかし車金融車買取.comでは業界最高査定をお約束しております。 他のどの店舗様で査定された価格より100%高額査定、仮に相見積もりで当店より1円でも高い買取価格の店舗様があるとしたら、その金額より増額査定までお約束させていただいております。
さらに驚くべきは、そのスピード!ご依頼いただいてから、その日の内に現金化をお約束させていただいております。
※詳しくは下記をご参照ください。
ローン中の車を全国出張買取

上記の通り、全国対応ですので東京・大阪は当然ながら、もちろん茨城県にも即日対応しております。 離島や一部の地域を除き、100%即日の現金買取り・車融資をお約束しております どんな些細なことでも詳しくご説明させていただきますので下記バナーの電話番号までお気軽にご相談くださいませ。
その他、金融車の名義変更や車両保険、譲渡方法などにつきましてもご不明な点は何でも詳しくご説明させていただいております。お気軽にご相談いただければ幸いでございます。
お客様の声 車で融資ローン中の車買取全国対応 ローン中の車買取までの流れ よくある質問

車で融資お申込み電話 ローン中の車オンライン見積もり 愛車を売りたい!でもローンが残ってる・・・

お車を購入すると最終的には手放すタイミングがあると思います。 引っ越しに伴い駐車スペースが確保できない、子供が産まれて大きい車に乗り換えたい、 急な出費で泣く泣く売却など様々なケースがあると思います。 しかしご自身の車がまだローン中で支払い中なんだけど・・・
中古車屋に見積もりを頼んだらローン完済してないと買取できないと言われてしまった・・・
などよく聞きますが、ローン中の車は売却できないのか?
そもそもローン中の車を売却してしまっても問題ないのか?
また、売却するにはどうすればいいのか?
このような疑問や不安を持っている方はたくさんいると思います。 車は大きな買い物です。ローンを組んで購入する人がほとんどだと思います。 ここでは、ローンを組んで車を購入された方々が完済前に効率よく、安心してお得にローン中の 車の売却までの流れをご説明いたします。

より高く売却する方法

目次

・ローンが残っていても売却可能!売却方法は名義によって変わります。
・ローン中の車の売却について
・売却に必要な書類は?
・ローン中の車の売却は専門業者におまかせ!
・安心できる業者選び
・専門業者による買取までの流れ
・新しい車を格安で手に入れる方法
・まとめ

愛車の価値は?できるだけ高く売るためには?

ほとんどの方がまず思いつくのが正規ディーラーへの下取りではないでしょうか? ただし、ディーラーの本業は新車の販売。
新車の知識や営業の販売スキルは間違いないでしょうが中古車の販売が本業ではない為、通常の中古車販売店の下取り価格とかけ離れた金額を提示されることも珍しくありません。
どちらもどれだけ安く仕入れられるかにより利益を見込みますが、中古車販売店の場合はその時々の相場や需要(参考:かんたん車査定ガイド)などを参考に下取り価格を算出してくれます。ですが利益が出ないほど高くは買取してくれることはありません。
車両相場の40%~70%程度が下取り相場です。(業者によって価格の算出方法は変わります) 一方、ディーラーは中古車の相場観の知識が浅く中古車の需要に鈍感な為より安全な金額で下取る ので安いというイメージです。 どちらもこれは通常の車を売却したい場合です。
しかし、ローンが残っている車を売却したい場合はどうでしょう?
それはディーラー、中古車販売店どちらもかなり厳しい条件を出してくるでしょう。 ディーラーに関しては買取ができないと断られるか、鉄クズとしての金額(2万~4万)程度でしょう。 中古車販売店ではローンが残っている状態では買取はしてくれません。 もしくは、ローンの残債が買取金額を下回っている場合は買取金でローンの完済を約束すれば 買取してもらえることがほとんどです。 買取金で足りない場合はその分を自身でで足して完済しないと買取してくれません。
ではなぜ、ローン中の車は買取してもらえないのでしょうか?
急遽お金が必要な時にローン中の車売ることはできないのか?
ローン中の車を買取してくれるところはないのか?
この記事では、効率よく安全にお手元に現金が残る売却方法を紹介していきます。

ローンが残っていても売却可能!売却方法は名義によって変わります。

まず確認するのは車検証の所有者と使用者の欄の名義がどうなっているか?
両方とも自身の名義になっていれば全く問題なく売却することが可能です。 その場合の必要書類は下記になります。
・自動車検査証(車検証)
・新旧所有者の印鑑証明
・納税証明書
・新所有者の車庫証明
・新旧所有者の委任状
・譲渡証
名義が自身である場合はどの買取店でも可能ですのであとは、一番高く買取してくれるお店を探すだけです。
(※下記に通常の中古車を売却する場合の比較サイトをバナーリンクしてありますので良かったらご活用くださいませ)

次に使用者は自身の名義だけど所有者が他の名義の場合。 ローン中の車ですとそのほとんどが信販会社の名義またはディーラーの名義になっています。 その場合は完済せずに中古車販売店などで買取してもらうのは難しいかもしれません。 まず必ず言われることはローンの完済や買取金の残債への充当などです。

例.1
100万円の車をローンで購入→50万支払い済みで残債が50万→買取金額が60万→50万で完済の場合は10万円が手元に残ります。
例.2
100万円の車をローンで購入→50万支払い済みで残債が50万→買取金額が40万→50万で完済の場合は10万円の持ち出しになります。

このように買取業者によって手元に現金が残るか持ち出すか大きく変わります。 下記は名義が自分もしくは自分の家族であった場合に、よりお得に売却する方法です。

ヤフオクで販売する(ヤフオクの出品ID取得が必要です)
ヤフーオークション
車の業者オークションに出品する(知り合いでID所有している人がいたら借りるのが一番早いです)
ussオークション
中古車買取り業者(必ず業者比較をして最高値で売却する)
比較サイト

ローン中の車の売却について

それではローン中の車を完済せずに売却して手元にできるだけ現金を残す方法について説明します。
ディーラーや中古車販売店が買取してくれない車をだれが買い取ってくれるのか?
それはローン中の車を専門に買取してくれる業者が存在します。なぜ、買取をしてくれるのか?
それは需要があるからです。 ローンを完済していないということは名義変更ができないということになります。 しかし名義変更ができなくても任意保険も加入できるし車検も取得できるので問題なく乗れます。 聞いたことがある方も多いと思いますが、俗にいう金融車という車両になります。
こうした車は正規の車に比べて相場価格の半額前後の安い価格で購入できるため非常に需要があります。 また、売却する側も専門業者は完済を条件としないため手元に必ず現金が残るのです。


100万円の車をローンで購入→50万支払い済みで残債が50万→買取金額が30万→30万すべて手元に残る

手元にすべての現金が残るのはメリットですが、何かデメリットはないのか?
それはズバリ買取金額が通常の中古車販売店の査定よりも安い場合がほとんどということです。 中古車販売店の場合はローン完済が条件なので正規の査定額になります。 しかし中古車販売店で買取してもらった場合は手元に現金は残りません。 ご自身で売却するにもローン中の車の売買はそれなりの知識も必要とするので一般の方では難しいのが現状です。 なので手元に現金を多く残したいならローン中の車買取の専門業者に任せるのが安全に売却できる一番の方法になります。

売却に必要な書類は?

業者さんによって若干異なりますが、基本的に最低限必要な書類は下記になります。

・本人確認書類
免許証や保険証など業者さんによっては顔写真入りの書類の提示をお願いされる場合もあります。

・車検証/リサイクル券/自賠責保険証書

こちらは通常であれば常に車に乗せているものなので、大体の場合車検証などが入っているケースに 一緒に収納されていますのでご確認ください。
・使用者の印鑑証明

今は住基カードなどをお持ちであればコンビニでも印刷可能ですし、市役所などで簡単に発行してもらえます。

・譲渡証/委任状

こちらは印鑑証明に記されているものと同じ実印を捺印したものになりますが、通常は専門業者の方が書類を 用意してくれるので、実印を持参していけば大丈夫です。 下記リンクからでも印刷が可能です。
【委任状】
【譲渡証】

・納税証明書

こちらの書類も納税をしていれば車検証などと一緒に保管していることがほとんどです。 もし税金が未納の場合は査定額から税金分を差し引かれる場合が多いです。
※売却後の税金に関しては購入された方が納税書を取り寄せるか陸運局などで直接支払いします。 納税しないと車検が取得できないため未納になる心配はありません。
・住民票(必要な場合があります)

引っ越しなどで身分証屋や印鑑証明の住所と車検証の使用者の住所が異なる場合は、旧住所と新住所が 入っている 除票入りの住民票が必要になる場合があります。こちらも市役所などで簡単に取得可能です。

・売買契約書

こちらの書類は業者によって異なりますが、必要な場合でも業者が用意してくれますので内容を確認して サイン捺印すれば大丈夫です。


ローン中の車の売却は専門業者におまかせ!

以上の事からローン中の車を売却する場合は一般の方ではかなりはハードルが高いことがお分かりいただけたと思います。 ローン中の車は通常の正規の車として扱われないため専門業者におまかせするのが一番楽で安心です。 通常の業者であれば手元に現金が残ることはほぼないですし、場合によっては高額な持ち出しになってしまいます。 専門業者であればローン中の車の相場をしっかりと持っているので納得のいく査定をしてくれます。
また、その先の需要までも確保している業者がほとんどですので、その場で現金で買取してくれる業者がほとんどです。
電話をして大体の専門業者がその日、もしくは翌日には現金で買取対応してくれます。 そのスピーディーな対応も魅力の一つで、日本全国即日対応してくれる業者もいます。 そこで肝心なのが業者選びとなるでしょう。

安心できる業者選び

よく街中で「車でお金」などの看板や広告を目にしますが、何か怪しいとか怖いというイメージを抱いてしまう方も少なくないと思います。
それではどのように良い業者を見極めればよいのでしょう?
まずはその看板や広告に記載されている電話番号をパソコンや携帯で検索してみましょう。
サイトやホームページが露出しているようであればまずは一安心。 電話一本でやっている業者も多数ありますが、後々何かトラブルなどになった場合所在が不透明なのは心配です。
ホームページなどがあったらつぎに、メールでのお問合せフォームがしっかりとしているか?
それは電話だけですと一度電話をしたらしつこく執拗に安値での買取を迫られたなどの話も聞きます。 これは電話で直接話をして断りにくくし、かけてきたお客を逃がさないための作戦です。 優良な業者の場合は執拗に迫ることはないので、しっかりとしたお問合せフォームがあり納得いかない場合はいつでも断りやすい状況を作ってくれています。 基本的にそのようなしっかりとしたサイトやホームページを設置している業者であれば直接電話でお問合せしてみるのが一番です。
スタッフの対応や印象で見極めれば間違えた業者選びを回避できるでしょう。

専門業者による買取までの流れ

良い業者ですと基本的に電話でのお問い合わせから現金買取まで当日か翌日には対応してもらえます。 それは九州であっても東北であってもお客様の都合に合わせて動いてくれます。
例えば「自宅にはちょっと来てほしくない」場合などは〇〇駅に〇時に待ち合わせでなど、場所や時間などお客様の希望になるべく合わしてくれたり24時間対応してくれる業者もいます。
事前に必要書類を揃えて電話で問い合わせするのがスムーズで問い合わせの際は必要書類を手元に電話するといいでしょう。
また、間違えて悪徳業者に当たってしまうと業者中心でかなり強引な取引になってしまいます。 一度電話を掛けただけでしつこく迫られ結局はとんでもない安値で車を引き揚げられてしまうケースもありますので細心の注意が必要です。 良い業者なら問い合わせから当日もしくは翌日などに待ち合わせをしてその場で現金で買取といたってシンプルな流れになります。

新しい車を格安で手に入れる方法

ここまでの説明でお分かりいただけたと思いますが、ローン中の車の相場価格は正規の半額程度です。 そして専門業者は買取した車を在庫として抱えている場合が多いです。 そこで自身の車を売却した際に何か安い在庫がないか聞いてみるといいでしょう。
そうです、自身がローン中の車を購入するのです。任意保険も加入でき車検も取得できますし乗っていても何の問題もありません。 長期間乗っていてもともとの所有者がローンを完済すれば名義変更もできます。 同じ車でも一番安く購入できるのは専門業者から在庫を買うことです。 また、乗り換えたいと思えば専門業者に買取してもらい、在庫がないか聞いてみるというループがベストです。 親切な業者であれば普通の中古車販売店と同じように接客対応してくれますので何でも相談するといいでしょう。

まとめ

いかがでしょう?
ローン中の車の売却について悩んでいる方はたくさんいると思います。 買取を拒否されて諦めている方も多いでしょう。
しかし、こちらの記事の通りローン中の車を売却することは決して難しくなく、やり方によってはかなり得することもできます。
また、間違えてしまうとかなり損する可能性も十分にあります。
ローン中の車を売却するには専門の業者に任せるのが最善策と言えるでしょう。
分からない事やご相談などお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

車金融車買取トップページへ車金融の電話番号24時間全国対応ご相談窓口